【カリスマYouTuber】ヒカルの成功の秘密~人気者になりたかった

ヒカル【YouTuber】 YouTuber
目次
Pocket

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hikaru(ヒカル)(@tadanokarisuma)がシェアした投稿

今回リサーチしたのは、カリスマYouTuberとしてその名は轟かせたヒカルさん。

ヒカルさんの影響力は今や絶大で、ヒカルさんと通販サイト「ロコンド」さんが共同開発した大人気ブランドリザード(ReZARD)は販売開始4時間半で約1億円近く売り上げ、なんとその後も好調な売れ行きに反応した投資家により、 東証マザーズ市場に上場しているロコンドの株価が前日比10%以上も上昇するなど、知名度・影響力・確固たる実績とカリスマYouTuberとしての地位を確立させているヒカルさん。

今やヒカルさんは職業カリスマと称されるようにもなっています。

職業カリスマ YouTuberヒカルの光と影

今回の「リサーチノート~あなたの興味はなんですか?」では、カリスマYouTuberヒカルさんのカリスマになるまでの道のり、その成功の秘密などをご紹介していきたいとおもいます。

目次

ヒカルさんプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hikaru(ヒカル)(@tadanokarisuma)がシェアした投稿

名前
ヒカル
本名 前田圭太(まえだ けいた)
生年月日 1991年5月29日(双子座)
年齢 29歳(2021年5月5現在)
出身 兵庫県神崎郡市川町
身長 175cm
血液型 O型
最終学歴
兵庫県立神崎高校卒業
所属事務所 エイベックス(音楽活動)
活動内容 YouTuber・歌手・実業家
前田晃一(まえっさん)
Twitter @kinnpatuhikaru
Instagram @tadanokarisuma
TikTok
hikarukinnpatu
YouTube
Hikaruchannel
チャンネル登録者数 438万人(2021年5月3日時点)
総再生回数 34億3672万9759回(2021年5月3日時点)

ヒカルさんがYouTubeを始めたきっかけはシンプルなものでした。

人気者になりたかった

自身のYouTube動画でもこのように話しています。

それではヒカルさんが現在の地位を獲得するまでどのような戦略と行動をとっていったのか、3つのタームに分けて、ご紹介していきたいと思います。

  • Hikaru Games
  • ヒカルチャンネル
  • ビジネス展開

Hikaru Games 2013年6月始動

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hikaru(ヒカル)(@tadanokarisuma)がシェアした投稿

ヒカルさん愛用メガネ GUCCI(グッチ) GG0492OA 002

 

現在はカリスマYouTuberとして名声を得ていますが、初期の『Hikaru Games』ではテレビ画面を直撮りしてYouTube動画を撮影していました。

ヒカルさんがYouTubeでゲーム実況を始めた理由は、チャンネル登録者数1億人を超えるゲーム実況系の人気ユーチューバー、ピューディパイ(PewDiePie)ことフェリックス・シェルバーグ(Felix Kjellberg)さんを見習ってとの事でした。

ピューディパイはスウェーデン出身で、2010年からユーチューブ(YOUTUBE)への動画投稿を開始しています。

海外ではゲーム実況YouTuberとしてチャンネル登録者数1位がとれるなら、今から初めて5年後くらいには自分も1位になれるのではと思い、日本一を目指してゲーム実況を開始します。

ヒカルさんがゲーム実況でパワプロを選んだ理由。

ヒカルさんがゲーム実況を開始した当初、ゲーム実況YouTuberはそんなにいませんでした。
当時のゲーム実況YouTuberといえば、『スーパーマリオ』のゲーム解説をやっている人がいました。この当時、任天堂のゲームが盛んで、『スーパーマリオ』と『星のカービィ』は絶大の人気がありました。『スーパーマリオ』の実況でこの当時でもYouTube動画で100万再生をとっていた人がいました。

その動画を観たヒカルさんの第一印象は、

単純にこいつ面白くねえな

だったらしいです。

ですがヒカルさんが『スーパーマリオ』の実況をやっても当時はまだ無名のYouTuber、検索上位にいくのは難しいと考えます。そしてヒカルさんが出した答えは、

マリオは有名になってからやるゲーム

そこでヒカルさんが目をつけたのは、誰もYouTubeでゲーム実況をやっていなくてみんな知っているゲームなのが『パワフルプロ野球』だったみたいです。

当時『パワフルプロ野球』も人気ゲームでしたが、当時はまだゲーム実況者はいなかったみたいです。だから『パワフルプロ野球』を検索する人は全部とれるのではないかと戦略を練ります。
つまり検索された時にトップ表示されるかというSEOの観点から参入しました。

大手を追随すると勝ち目がないので、いないところにいく。まさしくブルーオーシャン戦略であり、ランチェスター戦略でした。

ヒカルさんはプランよりアクションが早いタイプ、でも戦略は練りに練る

Hikaru Gamesではさまざまゲーム実況をしていますが、その中でもヒットしたゲームがあります。

【パワプロ】

パワプロ2013 SRチケットでガチャ引いてみた!Part1 – ダイジョーブ博士狙ってます

【ドラクエモンスターズ】

ドラゴンクエストモンスターズ2 3DS イルとルカの不思議なふしぎな鍵を実況プレイ!part1 新機能のモントナー作成してみた!

【モンスターハンター4】

【MH4#1】モンハン再始動!モンスターハンター4を3人で楽しく実況プレイ!1か月ぶりに一狩り行ってきたぜ!!

【妖怪ウォッチ2】

【妖怪ウォッチ実況#1】妖怪ウォッチ2(元祖・本家)に向けて前作の妖怪ウォッチを実況プレイ!part1



【マリオメーカー】

【マリオメーカー#1】実況者VS視聴者。鬼畜コースにヒカルゲームズが挑戦!

【ドラクエ10】

ドラクエ10を実況プレイ!part1 ドラクエ10をすこーしだけリニューアル!!

このゲーム戦略として、まず最初に始めた『パワフルプロ野球』で登録者数が1万人いれば大衆はみてくれるのではないかとまずは1万人めざして実況を始めます。

その後に少しメジャーなゲームにスライドし、『ドラクエモンスターズ』で実況はヒットし、登録者数が10万人を超えます。

そして登録者が10万人いればもう勝負はできると踏んだヒカルさんは、もっとメジャーなゲーム『モンスターハンター4』にスライドします。

無名では検索にはひっかからないから有名になり、準備を整えて大きいのを次第に狙いにいきました。

ここでヒカルさんの凄さがわかります。

やりたい事よりウケる事をやる。

この戦略です。

ゲーム実況YouTuberは、皆それぞれが普通は好きなゲームから実況するものです。でも今は無名だから『パワフルプロ野球』。それで登録者数が1万人いったから『ドラクエモンスターズ』、10万人いったから『モンスターハンター4』、このタイトルを少しずつあげていくという冷静にして貪欲な戦略。これがヒカルさんの生きる力です。

さらにヒカルさんは次の戦略を行動化します。

ヒカルさんのYouTube戦略

大量投稿 最低10本投稿
チーム制 3人で動画投稿を行なう分担制 マニュファクチャアが成立

2014年5月 初めての顔出し

【モンスト実況#1】人生初のアプリデビュー!ヒカルのモンスト実況プレイ!

当時、素顔をさらけ出す、顔出しのゲーム実況者は少なく、ヒカルさんの場合、いきなり顔出しして何の説明もなくゲーム実況を行なうようになります。

顔出しの理由として、ゲームアプリをする際、右画面が空くので、顔を出すしかないかなと思い、顔出しをスタートしました。
そしてチーム制で動画投稿を行なっているHikaru Gamesは全員が顔出しを始めます。

当時のHikaru Gamesの会議内容は以下になります。

チーム全員の顔出し、そして打ち切り会議
時と場合によるヒカルさんの思いつきの行動とセンス。それに緻密な戦略。この当時からヒカルさんは24時間、YouTubeのことだけを考えてきました。
打ち切り会議
再生数・評価が悪い動画はチームで話しあい、切捨てを行ないます
第1回ゲーム実況打ち切り会議

2015年11月 実写への意欲

【実写】マクドナルドな晩餐会【ヒカルゲームズ】

Hikaru Gamesチャンネル登録者数21万人を記念して、ヒカルチーム全員でマクドナルドのハンバーガーを食べるという宴を始めます。
ヒカルさんが思いつきで投稿した動画、それが意外と再生が伸びて94万回再生となります。

予想外だったのがゲームを中心としたチャンネルにも関わらず、実写の打ち上げが高評価で再生も伸びました。そこで緊急で次の動画をアップします。

【実写】高評価2900ついて気分がいいから質問募集【ヒカルゲームズ】

実写ってもっとニーズありますか?と質問募集をはじめます。
ここからゲーム実況ではなくヒカルさん自身の露出を考えるようになります。

これにはヒカルさんはとても意外で、ご自身の分析として、自分が人気者になるタイプの人間ではないと思っていました。幼少のころから人を説得したりとかコントロールしたりするのは上手かった分析していましたが、自分は華やかな人気者、スターになるタイプじゃないと分析していました。裏方として操っていくタイプ。だから今のヒカルさんとしての確立はとても意外で、当時は人気商売になるイメージができていなかったといいます。根が暗かったし、明るい性質要素はなかったみたいです。

そのうえで動画を切り替えていき、YouTube動画転換期を迎えます。

実写チャンネルはじめます

【ヒカルチャンネル】2016年3月実写チャンネル始動

世界一美味しそうなチーズカラムーチョを作ったらとんでもないことになった

実写チャンネル第一本目の動画が「チーズとカラムーチョ組み合わせてみたらとんでもないことに」でした。

非常にシンプルな動画でおかしにひと手間加える動画です。
この動画はヒカルさんいわく、凄い突発的な動画でした。

「チーズとカラムーチョ組み合わせてみたらとんでもないことに」の動画の成行きは、当時付き合っていた彼女がいて、その彼女はYouTubeが詳しい子でした。その子が思いつきで「実写チャンネルやったらどう?」といわれ、二人で適当にとった動画です。

たまたま家にあったのがカラムーチョ。とりあえずチーズとカラムーチョ合わせてみるかとわけわからないノリで始めたそうです。

その後どんどんと実写企画動画を投稿していきます。

【買占め企画】

【検証】一台の自動販売機を全部売り切れにするにはいくらお金がかかるのか?

実写チャンネルの初期から大金持ちYouTuberの定番企画を行なっています。
大金持ちユーチューバーだから買い占めるではなく、ヒカルさんは初期から買い占めていました。むしろ買い占めながら大金持ちになっていきました。

【くじ企画】

当たり付きお菓子を1万円分買ったら全部で何円当たるのか?

こちらの投稿動画も今では定番となっていますが、ヒカルさんは買占め企画同様、初期から投稿しています。

ヒカルさんは実写チャンネルを始めた時、ゲーム実況と両立していくことも考えましたが、ゲーム実況チャンネルで手にはいるのは小銭。月数百万のお金のためだけにと思い、ゲーム実況を辞めました。ヒカルさんの目指すところはチャンネル登録者数1億人を超えるゲーム実況系の人気ユーチューバー、ピューディパイさんです。

ヒカルさんは、ゲーム実況では日本一は目指せない。何かのジャンルで日本一を取れるチャンスがあるならなりたいと思っており、ゲーム実況で日本一になるのは絶対に無理だと分析しました。100%可能性が無いところに時間を使うのはナンセンスだと思ったので最初に始めたゲーム実況YouTubeを辞めました。

しかしヒカルさんの急な切り替えに「Hikaru Games」のチャンネル登録者達から批判が殺到します。「Hikaru Games」のファンは怒り、3年間応援してきたのに全て捨てるのはおかしいと反発をくらいます。この反発にヒカルサンはこう答えました。

近い将来大成功する。その時にもう一回船に乗り込めばいい。おれのこと見なくなっても、いずれおれのことを目にする機会がでてくる。それくらいまで大きくなるからおまえらなんて関係ないからおれは突き進む

【ヒカルチャンネル】分析

実写チャンネル初期は軽い企画を連発しました。でも軽い企画をやっても再生の伸びが悪く、それでは一回でかい企画をやってみようとその当時日本一だった「はじめしゃちょー」を分析しました。

はじめしゃちょー

ヒカルさんの分析方法として、まずははじめしゃちょーのやっている企画をすべて確認します。その分析でヒカルさんが確認したのは、はじめしゃちょーはとんでもなく凄い人かというとやっていることの規模がでかいのが一番すごいと分析しました。大量に何かを買ったり、メントスコーラも規模がでかい。

その結果、ヒカルさんは、はじめしゃちょーの企画の上をいこうと、もっと規模のでかい事をやれば自然と集まると企てます。
企画の趣旨というかシンプルな企画だけど、量とか大きさで突き進めば道は拓けると考え、完全にはじめしゃちょーをパくることから始めました。そしてこれははじめしゃちょートレース戦略の中の一環でした。

さらにはじめしゃちょーを分析してヒカルさんが感じたことを次のように話しています。

はじめしゃちょーはクリーンなイメージなので、お金に触れない。規模でかいことをやってもいくら使ったかはいわない。じゃあおれはこのキャラなんで、お金を全面にだしていこう、いくらかかりました。いくらつかいました。お金をタイトルに入れたり、サムネにいれたり、動画内で言ったり

そしてヒカルさん戦略として「お金」をとにかく動画内にいれはじめます。

【何円当たる?】

当たり付きお菓子を1万円分買ったら全部で何円当たるのか?

【総額10万円超え】

総額10万を軽く超えてますwヒカルのプレゼント企画・第1弾

【超高級時計を買う】

【過去最高額】ヒカル、超高級時計を買う

【ヒカルチャンネル】2016年8月 最大のヒット企画 祭りくじ

はずれしかない?夏祭りで屋台のくじ引き全部買います!って言った結果

この動画は、お祭りの屋台に行くと必ず目にする露店「祭りくじ」。本当に当たりが入っているのかを検証した動画です。

「はずれしかない? 夏祭りで屋台のくじ引き全部買います」の動画はヒカルさんの投稿動画の中でも最大のヒット企画となりました。しかしヒカルさんの心配事として、この動画を投稿するにあたり、それなりの批判・誹謗中傷の声がくるのではないかと危惧し、ここでヒカルさんは「リクエスト」があったので、この企画をやりますといいます。

実はこの「リクエスト」はヒカルさんの嘘で、「リクエスト」通りにやった結果そうなりましたと一旦保険をかけることにしました。
こういった投稿動画への保険は、ヒカルさんは常に意識しており、人のせいにするときはリクエストという言葉を用いるそうです。ですが、ひかるさんがリクエストといってるときは大半が嘘のようです。

「はずれしかない? 夏祭りで屋台のくじ引き全部買います」ではヒカルチャンネル最大のヒット動画となり、再生数、チャンネル数共に伸びましたが、ヒカルさんが売れたのは祭りくじがバズッたからだと思っていると、ヒカルさんのチャンネルを正確に把握できません。

まだまだヒカルチャンネルの戦略は続きます。

遊楽舎店長

【神回】店長がブチ切れて確率機を揺らす?こんな光景みたことないw

ヒカルさんの動画で初期のほうから登場している遊楽舎店長、一回目の登場では顔にモザイクをしていますが、二回目の登場からモザイク無しになりました。このモザイクなしはヒカルさんがモザイクを勝手に外して出した動画で、完全に無許可だったらしいです。どうせ遊楽舎店長はYouTubeをみないし、事後報告でバレないだろうと踏んだ行動でした。

店長の親父が作った謎の一番くじをA賞当たるまで引いてみた

これまでヒカルさんははじめしゃちょーの真似をしたり、当時流行っていたUFOキャッチャーなどの動画を投稿していましたが、ヒカルチャンネルのオリジナルコンテンツが必要だなと考えた結果、動画内の登場に「おっさん」キャラがほしいと思いました。この理由として世のなかに「おっさん」を扱える若者がいないので、「おっさん」を面白く扱うオリジナル企画は再生数がとれると考えます。ここで「おばちゃん」ではなく、なぜ「おっさん」なのかというと、ヒカルさんのチャンネルは男性が多かったので、「おっさん」のほうがウケると自身のチャンネルを分析したそうです。そして「おっさん」が欲しくて昔からなじみのある遊楽舎に行きました。

ヒカルチャンネルの巧みな準レギュラー化

ヒカルチャンネルの高評価の理由は、祭り動画などでもあるように闇を暴くギリギリの感じのイメージが強いですが、そうではなくて ヒカルチャンネルの真髄は巧みな準レギュラーシステムにあります。

ヒカルチャンネル準レギュラー【遊楽舎店長】

ガチ説教?深夜に店長から呼び出されて遊楽舎に行ってみた結果…

ヒカルチャンネル準レギュラー【ラファエル】

過去最大規模!水溜りボンドとラファエルで超高額自腹バトルしてみた

ヒカルチャンネル準レギュラー【シバター】

【サプライズ】休止中、お世話になったシバターさんの笑顔が見たい!!!!!

ヒカルチャンネル準レギュラー【レペゼン地球】

「これが報酬やから」借金まみれのレペゼン地球DJ社長に1億円ガチで先払いしてきた

ヒカルチャンネル準レギュラー【へきトラハウス】

へきトラジン参戦?演出のある変な焼肉屋で10万円使い切るまで帰れません

ヒカルチャンネル準レギュラー【カジサック】

喧嘩勃発?お笑い芸人のキングコング梶原さんと会ってきた

ヒカルチャンネル準レギュラー【てんちむ】

【元カノ】実はてんちむと付き合ってました

ヒカルチャンネル準レギュラー【エミリン】

【第1回】ヒカルとエミリンの息ぴったりな質問コーナー

ヒカルチャンネル準レギュラー【門りょう】

【初コラボ】年収2億で元No.1キャバ嬢の門りょうはなぜ引退しても尚女性から支持されるカリスマなのか?

ヒカルチャンネル準レギュラー【ヘラヘラ三銃士】

ヘラヘラ三銃士が口喧嘩して完全にやらかしました

このくらいになるとヒカルさんは大成功していたのでみんなを引っ張り上げる形でファミリー化していきます。

そしてついに一大エンターティメントとして成り立つ準レギュラー、レジェンドおじさんこと宮迫博之さんとのコラボが実現します。

(息子)ヒカルさん×(おとん)宮迫博之さん

【独占告白】宮迫さんに闇営業の件について直接聞いてみた

お互いの共通の知り合いから連絡を取り合い、ヒカルさんと宮迫さんはコラボをする際に、お互いの事をよく知るために一度一緒に飲んだそうです。この時、ヒカルさんは宮迫さんとコラボするのは、「賭け」だなと感じたそうです。

当時は闇営業問題で話題となっていた宮迫さん。社会全体が宮迫さんを憎んでいる時期のコラボ。宮迫さんとのコラボは正直、戸惑いがあったといいます。

しかし、宮迫さんと初対面で会ったとき、宮迫さんの才能を肌で感じ、この人とならイケると直感的に感じたそうです。

そこでヒカルさんは宮迫さんとの最初のコラボ動画で、当時の宮迫さんのイメージを払拭させないとこのコラボの成功は考えられないとヒカルさんの戦略として、とにかく失礼に、とにかく他の芸人さんが聞けない闇を聞いていこうと決めていました。

そしてこの動画を皮切りに宮迫さんとは30回以上のコラボ動画が誕生しています。

ヒカルさんは宮迫さんと一緒に動画をとるにつれて、宮迫さんの人間力、器のでかさを知り、今では「オトン」と呼ぶ親しき仲にまで発展しています。

そして準レギュラー化として大物芸能人が次々と追加されていきます。

ヒカルさん×宮迫博之さん

【ヒカル×宮迫】NextStageと「軍団宮迫」を作る計画が始まりました

ヒカルさん×手越祐也さん

【泥酔お泊まり】手越くんの家で飲み食いした後に突然帰りたくないと言ったら泊めてくれるのか?

そして一流芸能人として宮迫博之さん、手越祐也さんというビッグカードを手に入れたヒカルさん。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hikaru(ヒカル)(@tadanokarisuma)がシェアした投稿

今度は再生数がいかなくなったもの、もう鮮度のないものは切っていく準レギュラーの打ち切り会議を始めていきます。

ビジネス展開 さらなる高みへ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hikaru(ヒカル)(@tadanokarisuma)がシェアした投稿

ヒカルさんはアパレルブランド「ReZARD」を立ち上げます。

このアパレルブランド「ReZARD」に関しては、当初ヒカルさんはそんなに本腰をいれたビジネスではなかったみたいです。そしてファンのことを考えて作ったわけではなく、自分が着たい服を作りたかったから始めたビジネスでしたが、想像以上に売れたらしいです。

ちなみに「ReZARD」の名前の由来についてですが、ヒカルさんトカゲが大好きらしく、本来トカゲのスペルは「Lizard」と違うのですが、再びとかもう一度という意味の「Re」という言葉をくっつけて、あとは兄のまえっさんが好きな歌手の「ZARD」とくっつけた語呂合わせで「ReZARD」だそうです。

メンズ脱毛サロン「ReJehanne by Hikaru

【総額3億2000万】メンズ専門の脱毛サロンを12月10日から3店舗連続オープンします

2020年12月10日に、ヒカルさんがオーナー兼プロデュースするメンズ脱毛サロン「ReJehanne by Hikaru」待望の1号店が東京・池袋にオープンしました。

こちらは総額3億2千万円かけたらしく、現在多店舗展開を計画しています。

遊楽舎ヒカル店(店長)

遊楽舎ヒカル店のオープン初日の売り上げはいくら?店長にきいたら満面の笑みで答えてきたww

ヒカルチャンネルの登録者数は438万人(2021年5月時点)と並みいるYouTuberの中でも群を抜いており、ヒカルさんのビジネス戦略として自身のYouTubeで拡散してビジネスを行なっていく手法をとっています。まさにメディアの力とビジネスを掛け合わせてwinwinにもっていきます。

ビッグマネーで人助けをするというエンタメ~お金の使い方

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hikaru(ヒカル)(@tadanokarisuma)がシェアした投稿

ヒカルさんが「カリスマYouTuber」として呼ばれる所以として、お金の使い方も注目しされています。

ロコンドCM~宮迫博之さん

【ヒカル×大スター宮迫】ロコンドテレビCM復帰篇 60秒ver.

宮迫博之さんは闇営業問題で吉本興業から契約を解消されて約2年間無収入でした。その事情を知ったヒカルさんは宮迫博之さんをロコンドのCMに起用し、契約金を稼がせます。

ヘラヘラゲームス(ヘラヘラ三銃士)

毎月1000万円の赤字…ヘラヘラ三銃士存続の危機で今俺にできること

ヒカルさんの準レギュラーであるヘラヘラ三銃士さん。コロナ禍により売上げが激減。テナント料で毎月赤字でそれを救うために、ヒカルゲームズを再開。そこにへらへら三銃士を登場させて、収益を渡してます。

てんちむさん高級クラブ

てんちむが高級クラブで働き出したのでお祝い兼ねて遊びに行ってみた

バストアップブラで炎上したてんちむさん。返金対応のため、お金がないので、てんちむさんが働いているクラブにいってお金を使います。

シバターさんRIZIN1000万

【RIZIN26】いきなりシバターに格闘技の試合で勝てば1000万のファイトマネー出すと言ってみた結果…

シバターさんが大みそかのRIZINに参戦。もし勝てばファイトマネーとしてヒカルさんが1000万あげますと発表しました。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hikaru(ヒカル)(@tadanokarisuma)がシェアした投稿

今回の「リサーチノート~あなたの興味はなんですか?」ではカリスマYouTuberとして活躍するヒカルさんの成功の秘密をリサーチさせていただきました。

カリスマ」をウィキペディアで調べてみると、

カリスマとは、超自然的・超人間的・非日常的な資質や能力。神の賜物または天賦の力で、教祖・預言者・呪術師・英雄などに見られるとされる。『オックスフォード現代英英辞典』では、カリスマは「一部の人々が持つ、他の人々を引きつけ感銘を与える強力な個人の性質」とされている
引用:ウィキペディア

と記述されています。まさにヒカルさんは他の人々を引きつけ感銘を与える強力な存在となっており、ヒカルファミリーが存在しています。

そしてその存在はYouTuberだけでなく、芸能人から実業家までも参加しており、いまやヒカルファミリーへの参加は成功者への証とも言えます。

ここで気になるのが、ヒカルファミリーに入る基準ですが、それはヒカルさんの完全に好き嫌いで判断しているそうです。

そして好きの共通項目として、その人が才能に満ち溢れているかで決めるそうです。
そしてヒカルさんは、

人格とかどっちでも良くて、良い人悪い人はどっちでもいい 才能しか見てない。才能があるなと感じた人を好きになる。

といいます。

ヒカルさんの今後の展望として、ヒカルさんは初期の頃からほしいものは影響力といい、自分が手がけるサービスをどんどん増やしていって人の力で誰かを救えたり、世の中を変えれるくらいの影響力がほしいそうです。
社会と大衆、両方に影響を与えられる存在になるのがヒカルさんの最終目的です。

最後にヒカルさんの金言を付け加えておきます。

チャンスで挑戦できない人間にはなりたくない

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

今回の記事に関する意見や、こういった内容に関する記事を読みたい!といった方はぜひコメントでシェアしていただくとありがたいです。

それでは、また次回お楽しみに!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました