仮想通貨リサーチ

【仮想通貨】FAME Token(FAME)とは? 話題性/将来性/価格/購入方法を徹底リサーチ!

2022年4月17日

今回「リサーチノート~あなたの興味はなんですか?」でご紹介する記事は、
今(2022年4月)、そしてこれからも話題となる仮想通貨FAME Token(FAME)の話題性、将来性、詳細、購入方法を解説していきます。

この記事を読むことで、次の点が理解できますので、ぜひ最後までご一読ください。

チェック
・FAME MMAの話題性や将来性
・仮想通貨 FAME Token(FAME) の特徴や利点
・仮想通貨 FAME Token(FAME) の価格
・仮想通貨 FAME Token(FAME)の購入方法

 

 FAME Token(FAME)のアンバサダー就任を朝倉未来 YouTube動画内で報告

総合格闘技といえば朝倉未来さん。
いまや日本でこの名前を知らない人はいないのではないかなと思うほど知名度は爆上がり。

2022年3月21日(月・祝)に行われた「1分1ラウンド」で最強を決める「朝倉未来のBREAKING DOWN(ブレイキングダウン)」第4回大会は、前編・中編・後編のオーディション編は動画再生回数1000万回を突破しています。さらに本編ではPPV販売数が過去最多、会場観覧チケット即日完売、当日Twitterは日本トレンド入りと、今や朝倉未来さんが動くと何かが起こると日本中が注目しています。

そして今回、そんな朝倉未来さんが「FAME Token(FAME)のアンバサダー就任」をツイッターで報告。自身のYouTube動画でも、

未来ある団体なので俺も1億くらい買います

とコメントしています。

朝倉未来さんが目を付けた。
またなにかが起こる期待しかありません。

青汁王子三崎優太、FAME Token(FAME)のアンバサダー就任!「僕はこれで10億近く抜く予定です」

学生時代、アフェリエイトで月収400万円を稼ぎ、三崎優太さんの知名度を不動のものにした「すっきりフルーツ青汁」は累計で1億3000万本販売し、増収率ランキング1位の実績をたたき出しました。
また青汁王子三崎優太さんは仮想通貨「エバードーム」で10億円近く稼いだ実績を自身のYouTube動画でも公表しています。

そんな青汁王子三崎優太さんも「FAME Token(FAME)」のアンバサダー就任!
自身のYouTube動画でも「FAME Token(FAME)」の魅力を語っており、投資に100%はないけれど、

僕はこれで10億近く抜く予定です

と自信満々に語っています。

ちなみに総合格闘家の朝倉未来さんは「FAME Token(FAME)」のアンバサダー就任前に、青汁王子三崎優太さんに相談したそうです。

FAME MMAの公式サイトでは、まだ「FAME Token(FAME)」が、どこの海外取引所に上場するかは公表されていません。しかし、過去を振り返ると第二のGEM「METAHERO(HERO)メタヒーロー」や第三のGEM「EVERDOME(DOME)エバードーム」は海外仮想通貨取引所「BYBIT(バイビット)」に上場しています。
そのため「FAME Token(FAME)」もBYBIT取引所上場する可能性が高いと想定できます。

BYMIT口座開設はコチラ

 

FAME MMAとは?

FAME MMA

出典:FAME MMA

朝倉未来さん、青汁王子三崎優太さんとFAME MMAの話題性を紹介してきましたが、では実際FAME MMAとはどういったものなのでしょうか?

その詳細を解説していきます。

FAME MMAはヨーロッパ最大の格闘技連盟

FAME MMA」とはポーランドで人気の格闘技連盟です。

しかし実際の試合は、通常の格闘技の試合とは異なり、日本でいう朝倉未来さんのBREAKING DOWN(ブレイキングダウン)に似ておりエンタメ系の格闘技戦が主なラインナップです。
BREAKING DOWN(ブレイキングダウン)では素人同士の試合が組まれることが多いですが、
「FAME MMA」に出場する選手は、トップYouTuber、インフルエンサー、プロアスリート、芸能人等、影響力のある有名人同士の試合が組まれます。

ルールは総合格闘技を採用しており、打撃有り、締め技有り、投げ技有り等の様々な戦法が持ち入れられ、さらにABEMA格闘技チャンネルで放送されている1対1ルールだけでなく、1対2といった異例のルール形式も用意されおり、その試合はまさに「FAME MMA」のコンセプトである「有名人に”日常では体験できない環境”に飛び込ませる」です。

朝倉未来さんのBREAKING DOWN(ブレイキングダウン)で分かるように、有名人であり、影響力を兼ね備えた人物同士の対戦なので、「FAME MMA」はとても注目度が高く、会場の閲覧席だけでなく、PPV(ペイパービュー)でのライブ配信も行っており、PPVの過去の販売実績としては50万ライセンスを記録し、ヨーロッパで1位、世界で2位という記録を更新しています。

その他、参考までに「FAME MMA」 の各種SNSでの実績は以下の通りです。

 

「FAME MMA」Youtubeチャンネル 登録者数  99.5万人(2022年4月時点)
「FAME MMA」Twitter  フォロワー 9.2万人(2022年4月時点)
「FAME MMA」Instagram フォロワー数 139.1万人(2022年4月時点)
「FAME MMA」TikTokフォロワー数 285.2万人(2022年4月時点)
「FAME MMA」Facebookフォロワー数 22.4万人(2022年4月時点)

 

仮想通貨FAME Token(FAME)とは?

名称 FAME MMA
ネイティブトークン FAME MMA TOKEN
トークン単位 FAME
本拠地 ポーランド
プロジェクトの発足 2018年
プレセール価格 $0.01
公式サイト https://famemma.io/en#about

各種SNSのフォロワー数を見ればわかる通り、「FAME MMA」は世界中に100万人以上のファンがおり、その中にとても影響力のあるインフルエンサーも多数存在します。
そんな方たちが広告塔となり、今後も「FAME MMA」の知名度を爆上げしてくれます。

そんな中、発表されたのが、世界最大の格闘技連盟である「FAME MMA」が暗号通貨業界に参入です。
「FAME MMA」のチケットやPPV等の支払いは、現在は「キャッシュカード」、「現金」、「銀行振込」、「電子マネー」など各種決済対応をおこなっていますが、今後は仮想通貨FAME Token(FAME)決済のみになるとのことです。

FAME Token(FAME)は2022年4月25日より先行販売予定です。

 

「FAME MMA」 では自動的に仮想通貨FAME Token(FAME)で決済される仕組み

これまで「FAME MMA」は「キャッシュカード」、「現金」、「銀行振込」、「電子マネー」など各種決済対応となっていましたが、今後の決済方法はFAME Token(FAME)のみといわれてもこれまで仮想通貨に馴染がない人にとっては不安材料となります。

もしかしたら仮想通貨FAME Token(FAME)を購入するハードルの高さからチケット購入や視聴数の激減などの可能性もあります。
しかしそんな不安材料を「FAME Token(FAME)」は画期的なシステムを構築しています。

それは、「FAME MMA」ではクレジットカードや法定通貨を用いて行われる決済手段を、自動で DEX(分散型取引所) から仮想通貨FAME Token(FAME)を調達して変換し、決済を行うというシステムです。
これにより、「FAME MMA」 は決済により仮想通貨FAME Token(FAME)を獲得しながらも、ユーザーはクレジットカードや法定通貨で支払い処理を行い、ユーザーへの負担を激減することが可能になります。

この相乗効果により、仮想通貨FAME Token(FAME)へ強力な買い圧力がかかり価格高騰が期待できます。

BYMIT口座開設はコチラ

 

仮想通貨FAME Token(FAME)の価格

将来性のある仮想通貨FAME Token(FAME)。
さて、気になるのはやはり販売価格です。

それについては「Fame MMA」のホワイトペーパーをもとに解説していきます。

・現在(2022年4月)の時価総額ランキング: – (販売開始前のため不明)
・先行販売価格(2022年4月25日~): 1FAME = 0.01ドル (日本円で約1.2円)

FAME Token(FAME)の先行販売は2022年4月25日を予定しています。
この記事執筆時点では販売開始前のため時価総額ランキングは不明です。
2022年4月25日(月)のTGLPの先行販売では、1FAME=0.01ドル(約1.2円) を予定しています。

TGLPでの先行販売では、1FAME=0.01ドル(日本円で約1.2円)と安価に購入できる利点と、FAME Token(FAME)販売前でこれだけ話題となっていることから、
仮想通貨取引所への上場により数倍、数十倍へ高騰する可能性が大です。

202Fame MMA公式サイト:https://famemma.io/FAMETokenWPv2.pdf

仮想通貨FAME Token(FAME)の購入方法

仮想通貨FAME Token(FAME)の販売予定は次のようになっています。

・2022年4月22日(金)22:00~TGLPサブスクリプション最終募集
・2022年4月25日(月)よりTGLPで先行販売
・2022年4月29日(金)正式に取引所に上場予定

現実的に考えるならFAME Token(FAME)を購入しようとするなら2022年4月29(金)の上場予定を待つほかありません。

それ以前に購入を予定するなら全世界で1万枠限定のTGLP参加権を獲得する必要がありますが、TGLP参加枠1万枠に対し、すでに9500枠は埋まっており、
残り枠を獲得するには2022年4月22日(金)22:00~TGLPサブスクリプション最終募集で権利を得なければいけません。
このTGLPサブスクリプション最終募集にも条件があり、TGLPサブスクリプションに参加するためには「4,750枚の仮想通貨TENSETについて1年間ロックする必要がある」と設定されています。

4750枚の仮想通貨TENSETを日本円に換算すると、最低でも235万円が必要となります。※2022/4/17執筆時点のTENSETの価格は1枚496円
また、募集人数が250名と狭き門となるため、オープン開始ですぐに完売となってしまう可能性が大です。

その点を考慮のうえ、現実的にFAME Token(FAME)を購入するなら2022年4月29日(金)正式に取引所に上場予定するほかありません。

BYMIT口座開設はコチラ

まとめ

朝倉未来さん、青汁王子三崎優太さんは1億円以上の「FAME Token(FAME)」を購入する予定なので、この二人より0.1秒先に購入することができれば仮想通貨投資でも勝ち確定なのではと考えています。

ご覧いただき、ありがとうございました。
今回の記事に関する意見や、こういった内容に関する記事を読みたい!といった方はぜひコメントでシェアしていただくとありがたいです。

それでは、また次回お楽しみに!

BYMIT口座開設はコチラ

 

 

 

-仮想通貨リサーチ
-, , ,