リサーチアイテム

コールマンの「インフィニティチェア」を実際に使用してみた!!!

 

今回の「リサーチノート~あなたの興味はなんですか?」で紹介するのは「コールマンの『インフィニティチェア』を実際に使用してみた!!!」です。

前評判もよく、公式サイトのレビューは「オール5」の文句なしの商品です。
実際に使用している人に聞いても「座り心地は素晴らしい」といいます。

コールマンの公式サイトでは、インフィニティチェアの座り心地を「まるで雲の上に寝ころんでいるよう」と表現しています。
ですが、実際に雲の上に寝転んだことがないので、比較はできません。

そこで今回は私の知人にも興味を持つ人も多いということで、コールマンの「インフィニティチェア」をご紹介していきます。

 

コールマン「インフィニティチェア」スペック

 

使用時サイズ ●【通常時】約92×69×110(h)cm  ●【リクライニング最大時】約166×69×76(h)cm    ●【収納時】約15×69×90(h)cm
重量 約8.8kg
座面幅 約46cm
座面高 約50cm(通常時)
耐荷重 約100kg
材質:シート ポリエステル、フレーム/スチール

コールマンの「インフィニティチェア」をインターネットで検索してみて、よく見かける文言は「人をダメにするイス」、「キャンプ専用にするのはもったいない」などという文言が多かったです。

コロナ禍の蔓延により、オンライン会議が一気に普及し、家で仕事をするビジネスパーソンが増え、オフィスチェアとして肩こりや腰痛を軽減したり、集中力を高めやすい高性能なチェアの新商品が続々と発売されていますが、「インフィニティチェア」も時代のニーズに合わせた新商品が続々と発売されています。

そして「インフィニティチェア」で検索をしてみると、コールマンの「インフィニティチェア」関連のホームページがトップ表示されます。
このリサーチにより、コールマンの「インフィニティチェア」が人気商品なのかは証明できましたが、やはりここは実際に使用しみないことには「リサーチノート~あなたの興味はなんですか?」の徹底リサーチにはなりませんので、購入してみました

コールマンの「インフィニティチェア」をAmazon購入

コールマンのインフィニティチェア注文票

私は「Amazon」でコールマンの「インフィニティチェア」注文し、購入しました。 

コールマンの「インフィニティチェア」を公式サイトオンラインショップで購入せず、Amazonで購入した理由としては、価格を比較したときに一番安かったからです。
「楽天市場」や「ヤフーショッピング」でも公式オンラインショップよりは安く購入できます。

 街を車で走っていると、購入したばかりの商品はすぐに気づくものです。ディカウントショップやホームワイドでもキャンプ用品のコーナーでコールマンの「インフィニティチェア」は売っていました。

 

コールマンの「インフィニティチェア」の到着

コールマンインフィニティチェア

長方形のひらべったいダンボールにはいってコールマンの「インフィニティチェア」が到着しました。

コールマンの公式ホームページに「簡単3秒設営/収納」と記載されているとおり、ダンボールからインフィニティチェアを取り出し、包装を取り除き、本体を丸裸にすると、たしかに設営は3秒ほどで完了。収納も折りたたむだけなので、同じく3秒ほどでした。

インフィニティチェアのスペックでも記載してますが、重量が約8.8kgあるので、女性の方は少し手間取るかもしれません。
持ち運びに便利な持ち手がついていますが、収納時のサイズは約15×69×90(h)cmなので、エレベーターなど狭い場所だと周囲を気にする必要があります。

コールマンインフィニティチェアの持ち手

そしてコールマンのインフィニティチェアは手軽な大きさではないので、キャンプ場などの野外に持っていくときは車に積んでいくのが無難です。
近場の公園でひなたぼっこで利用するのもありですが、自転車の荷台に積むとかオートバイで運ぶというのは危険です。

コールマンのインフィニティチェアの使用感

コールマンのインフィニティチェアのメッシュ生地

「インフィニティチェアの座り心地は?」と聞かれると、体に接する部分がすべてメッシュになっているので、通気性の良さを感じます。真夏の野外でも蒸れずに快適に過ごせそうです。
また耐久性ですが、直径1mmほどのポリエステル繊維を編みこんで作らているメッシュ素材なので、体重をかけたりして裂けるようなヤワな商品ではないですね。
シート全体はゴムで固定されているため、座ったときのクッションも申し分ないですね。

コールマンのインフィニティチェア(ゴム)

それに水や汚れを吸収しない素材なので、見た目が汚くなるようなことは無いと思います。数ヶ月使って、気になるようであれば軽く濡れタオルで拭いてあげるのも良いかもしれません。

 

絶妙な形とリクライニング性能

コールマンのインフィニティチェア

耐荷重は約100kgとスペックで記載している通り、安心して体を預けることができます。
シート生地には、ポリエステル繊維を編み込んだメッシュなので、通気性はもちろんのこと、普通のチェアとして使う分にはまずは満足といったところですね。

そしてコールマンのインフィニティチェアはリクライニング性能も兼ね備えていますので、ゴロンと背もたれを倒すと、頭の位置より足が高くなるのも高ポイントのひとつといえます。さらに、少し足と腰の部分が曲がるような形になり、この絶妙な角度も高ポイントです。
コールマンのインフィニティチェアを使用してみてわかるリラックス感を体感できます。

また、背もたれの部分に、やわらかい枕が標準装備されています。素材はシートと同様、ポリエステル繊維を編み込んだメッシュです。取り外しは不可ですが、腰の位置まで自由に位置を変えることができ、身長に合わせて枕の位置を調整ができます。

コールマンのインフィニティチェア(枕)

好きな角度でロックがかけられる

インフィニティチェアの魅力の一つともいえる好きな角度で固定できる機能。
インフィニティチェアに座った状態で、両サイドのひじ掛け下にあるレバーを操作することで、ロックがかかります。

コールマンのインフィニティチェア(ロック)

ロックを解除し、背中に体重をかけていくとゆっくりとリクライニングしていくので、リラックスできる位置でロックをします。
テレビを見るときの位置、小説や雑誌を読むときの位置など、気分によって角度を調整できます。

雲の上の座り心地と評価されるだけあり、座り心地は素晴らしのでいつのまにかに寝落ちしてしまう場合もあります。

 

まとめ

コールマンのインフィニティチェアはキャンプ用品として販売されていますが、野外だけでなく、室内でも使い勝手は良さそうです。
持ち運んだりできるので、室内でも使わないときは倉庫に入れておくこともできますし、自宅に友達を呼んで、パーティなんかをするときにも活躍してくれます。
付属品なども売られていますので、カスタムして使うのもよさそうです。

 


ご覧いただき、ありがとうございました。
今回の記事に関する意見や、こういった内容に関する記事を読みたい!といった方はぜひコメントでシェアしていただくとありがたいです。

それでは、また次回お楽しみに!

 

-リサーチアイテム
-, , ,