仮想通貨リサーチ

【海外仮想通貨取引所】バイビット(Bybit)を利用するメリット! 

今回「リサーチノート~あなたの興味はなんですか?」でご紹介する記事は、今(2022年4月)、格闘家の朝倉未来さんや三崎優太(青汁王子)さんのFAMEアンバサダー就任で話題となっている仮想通貨FAME Token(FAME)の上場先についてリサーチをしましたが・・・。

仮想通貨FAME Token(FAME)の仮想通貨取引所への上場は4/29(金)19:00に確定しましたが、実はこの話題となっている仮想通貨FAME Token(FAME)は日本国内の仮想通貨取引所では購入ができません。
現時点で分かっている詳細としては仮想通貨FAME Token(FAME)は海外の仮想通貨取引所「OKX(オーケーエックス)」に決定しました

今回はてっきり仮想通貨FAME Token(FAME)の上場先がバイビット(Bybit)だと予想し、この記事を執筆しましたが、予想が外れてしまいました。
ですが、OKX(オーケーエックス)だけでなく、そのうちバイビット(Bybit)でも仮想通貨FAME Token(FAME)が購入できるようになると予想していますので、
今回は海外仮想通貨取引所バイビット(Bybit)をリサーチした記事をご紹介します。

正直、OKX(オーケーエックス)は日本語対応していないので、初心者にはハードルの高い海外取引所です。
その点、バイビット(Bybit)は日本語対応しているので、取引がしやすい海外仮想通貨取引所です。

 

この記事を読むことで、次の点が理解できますので、ぜひ最後までご一読ください。

チェック
バイビット(Bybit)とは?
バイビット(Bybit)の登録方法
バイビット(Bybit)の入金方法!仮想通貨入金/クレジットカート入金
バイビット(Bybit)のキャンペーン情報

 

海外仮想通貨取引所・バイビット(Bybit)とは?

バイビット(Bybit)

取り扱い通貨数 132(2022年4月時点)
最大レバレッジ 100倍
取引所手数料 メイカー:-0.025%
テイカー:0.0750%
通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
アプリ あり
運営会社 バイビット(Bybit) Fintech Limited

バイビット(Bybit)とは、2018年3月にシンガポールに設立されている仮想通貨取引所です。130カ国以上にユーザーを持ち、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。
三崎優太(青汁王子)さんがYouTuberのヒカルさんの誕生日にビットコインをプレゼントし、バイビット(Bybit)で取引を行った動画を見て知った方も多いはずです。
またデリバティブ仮想通貨取引所ランキング(CoinMarketCap)では、Binanceなどに続いて第3位にランクイン(2022年4月時点)しています。
取扱銘柄数も133種類と豊富にあり、バイビット(Bybit)でしか取り扱つかいのない銘柄もあります。レバレッジ取引も盛んに行われており、最大100倍のレバレッジ取引が可能のうえ、追証制度はなく、借金を背負うリスクがありません。

仮想通貨入金を行えば入金手数料は無料なので、国内取引所からの送金手数料のみの低コストで入金できるのは大きなメリットです。
また、サイトの日本語表記やカスタマーサポートも日本語で対応してくれるなど、日本人向けのサポートが充実している特徴があります。

多くの仮想通貨取引所と比べ、セキュリティ対策が万全

バイビット(Bybit)の仮想通貨管理方法として「コールドウォレット」と「マルチシグ」の2種類でユーザーの資産を管理しています。

コールドウォレット インターネットと完全に切り離されたウォレット。ハッキング対策に強い
マルチシグ 多くの暗号資産取引所が採用し、資産を守る鍵に当たる電子署名を複数人の許可がないと通貨を送金できない

オフライン管理、電子署名の複数人許可、この2つのシステムを採用しているので、セキュリティレベルは世界トップクラスといえます。
さらに、バイビット(Bybit)のセキュリティ対策は日に日に精度を上げており、ユーザーの資産を守るために、セキュリティ対策予算を20%採用しています。
多くの仮想通貨取引所のセキュリティ対策予算は15%と言われています。いかにバイビット(Bybit)がユーザーの資産を守るためにセキュリティ対策に力を入れているのかおわかりいただけると思います。

取引スピードの速さ。

最先端のシステムを採用しているバイビット(Bybit)は、サーバーが軽く、遅延も発生しづらくなっています。
多くの仮想通貨取引所がなんらかの障害でサーバーダウンを起こしているのに、バイビット(Bybit)取引所に支障はなく、稼働しているほど処理速度が優れています。
取引スピードの速さは、バイビット(Bybit)の特徴ともいえます。狙ったタイミングで売買が行えることが取引の肝ですが、バイビット(Bybit)の処理速度は多くの仮想通貨取引所とはサイトのスムーズさが違います。

テクニカル分析の無料公開

バイビット(Bybit)は世界中の何百万人の投資家やトレーダーが愛用しているサイト、TradingViewの分析サイトを導入しています。TradingViewは、仮想通貨だけでなく株や為替などのチャートも利用できます。
TradingViewは基本的に無料で利用できますが、複数のインジゲーターを利用する場合は有料となります。しかしバイビット(Bybit)の取引所を利用すると有料のものも無料で使えます。
バイビット(Bybit)をつかうと有料ツールが利用できるのもメリットです。

バイビット(Bybit)の注意点① 資産の消滅、トラブルなどは自己責任

国外、国内問わず、仮想通貨取引所を利用する場合、リスクゼロは不可能です。アドレスの誤入力による資産の消滅、ハッキングやフィッシングのセキュリティ犯罪、バイビット(Bybit)の倒産など、仮想通貨取引所で取引を行う場合、そのすべてが自己責任だということを肝に命じていてください。

バイビット(Bybit)の注意点② 送金できる時間に制限がある

バイビット(Bybit)取引所には送金できる時間に制限があります。
先ほども申し上げたようにバイビット(Bybit)のセキュリティ対策は世界トップクラスです。そのため、セキュリティ対策として、すべての送金申請に対して、手動で確認を行っています。
送金して反映する時間帯は1日3回(日本時間の1時・9時・17時)となります。
この指定されている時間帯以外は送金しても入金の反映はされません。

世界中の投資家、トレーダー達が安全に取引を行うため、海外取引所であるバイビット(Bybit)のセキュリティ対策は、日本国内の仮想取引所と比べて、何重ものセキュリティ対策を施しております。
外国の仮想取引所は多少の抵抗を感じるものですが、口座開設までのプロセスも数分で完結するシンプルさ、日本国内以上のセキュリティ対策などを考慮すると大きな魅力となります。
また、バイビット(Bybit)は日本国内と比べ、ユーザーにお得なキャンペーンを頻繁に開催しているため、登録、入金ボーナスなどを利用して初期投資ゼロで仮想通貨取引を始められます。

バイビット(Bybit)の登録方法

さて、本題です。
ここからは簡単なバイビット(Bybit)の登録方法を紹介していきます。

日本国内取引所と大きく違う点はメールアドレスがあれば数分で登録が可能なところです。
日本国内の仮想取引所だと本人確認書類などの提出など、日本国内の法律に基づいた取引所のルールに従って、会員登録を進めなければいけませんが、バイビット(Bybit)は海外取引所のため、シンプルかつスマートに登録が完了します。

具体的な登録までの流れは4ステップです。

①バイビット(Bybit)アカウント作成サイトにアクセス
②必要情報の入力
③メールアドレス認証
④登録完了

シンプルすぎますが、ステップごとに詳細を紹介します。

①バイビット(Bybit)アカウント作成サイトにアクセス

まずはバイビット(Bybit)アカウント作成サイトにアクセスしましょう。

Bybitアカウント作成はコチラ

 

バイビット(Bybit)

②必要情報の入力

表示言語設定も、最初から日本語になっています。
所定の場所に、Eメールアドレス、パスワードを入力し、利用規約の同意欄にチェックを入れ、「続ける」のボタンをクリックしましょう。

※制限国が表示されますので、該当国以外ならアカウント作成が可能ですので「いいえ」クリック。
Bybit

「はい」を選択した場合、次の表示がされ、アカウント作成はできません。

Bybit7

バイビット(Bybit)アカウント作成サイトを偽った、悪質な詐欺サイトが急増しているので、必ず以下のリンクから登録することをお勧めします。

Bybitアカウント作成はコチラ

③メールアドレスの認証

次に、メールアドレスの認証を行います。
先ほど入力したメールアドレスに、バイビット(Bybit)より以下のメールが送られてきます。

受信したメールには、6桁の認証コードが記されていますので、そちらの認証コードを入力しましょう。

Bybit

認証コードの有効時間は5分です。6桁の数字を入力するだけなので、数秒で終わります。

④登録完了

メールアドレスの認証が終われば、アカウントの作成は完了です。
たったこれだけのシンプルな4ステップですが、実際に取引を行う場合には、口座開設と2段階認証の設定が必要となりますのでご注意ください。
まずは注文画面やチャートを確認し、操作方法に慣れていきましょう。

バイビット(Bybit)の入金方法一覧

バイビット(Bybit)の入金方法は下記の2つになります。

仮想通貨入金
クレジットカード入金 │ 日本円可

バイビット(Bybit)の入金方法も海外取引所ならではのシンプルさがあります。
アカウント作成同様、簡単に入金が可能ですので、こちらも1つずつ解説していきます。

バイビット(Bybit)の入金は仮想通貨経由がおすすめ

メリット デメリット
入金無料

反映時間が速い(数分~数時間)

手順がシンプル簡単

国内取引所で仮想通貨を購入する必要がある

メリットを考えるとバイビット(Bybit)への入金は仮想通貨入金がお得です。
基本的には国内の仮想通貨取引所(Coincheckなど)から送金します。

Coincheck口座開設(無料)はコチラ

仮想通貨入金とは、国内取引所(Coincheckなど)で購入した仮想通貨をバイビット(Bybit)へ送金をして入金する方法です。
入金手数料がかからず、お得に取引を始められ、送金スピードも速いためバイビット(Bybit)へ入金する際は仮想通貨入金をおススメします。

バイビット(Bybit)へ入金するために国内取引所で購入できる仮想通貨は下記の5つです。

ビットコイン (BTC) なし 無料 数分~数時間
イーサリアム (ETH) なし 無料 数分~数時間
リップル (XRP) なし 無料 数分~数時間
イオス (EOS) なし 無料 数分~数時間
テザー (USDT) なし 無料 数分~数時間

バイビット(Bybit)のクレジットカード入金方法

バイビット(Bybit)ではこれまで日本円で入金できませんでしたが、法定通貨で仮想通貨を購入できる「暗号資産購入機能」をリリースしました。
それ以前は 業者に払う手数料が発生したり、購入できる仮想通貨に制限がかかったりと、なにかと不便でしたが、欲しいタイミングで取引所に資金が無くてもすぐに購入することができるようになったことで、チャンスの幅が広がりました。

 

クレジットカード JPYほか45種類の法定通貨(※1)。 なし ※2)3.95%
※3)4.5%
数分~数時間

※1)対応している45種類の法定通貨

AUD/BGN/BRL/CAD/CHF/COP/CZK/DKK/DOP/EGP/EUR/GBP/HKD/HRK/IDR/ILS/INR/JOD/JPY/KES/KRW/KWD/LKR/MAD/MXN/MYR/NGN/NOK/NZD/OMR/PEN/PHP/PKR/PLN/RON/RUB/SEK/SGD/THB/TRY/TWD/UAH/USD/VND/ZAR

※2サービスプロバイダー「mercuryo」を利用した場合
※3)サービスプロバイダー「Moonpay」を利用した場合

使用できるクレジットカードは 「VISA」と「Mastercard」の2種類

クレジットカードでは以下の3つが購入可能です。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ザー(USDT)

バイビット(Bybit)は今後もクレジットカードでの購入が可能な仮想通貨が増える予定です。

クレジットカード決済の手数料がかかります。

バイビットのクレジットカード入金は便利な反面、手数料はカード会社にもよりますが、3.95%から4.5%かかります。

例:10万円の仮想通貨を入金 100000×4.5=4500

また、トランザクションの混雑具合により取引の際にかかる手数料が変動します。
手数料などはクレジットカード決済をする際に表示されるので、必ず確認するようにしましょう。

クレジットカード決済の場合、Webサイトからでしか購入できない

バイビット(Bybit)のスマホアプリは使いやすさに定評がありますが、クレジットカード決済を行う場合はWebサイトでないと利用することが出来ません。
※豆知識-少し見づらいですが、スマホでPCサイトを開くことで、クレジットカード決済が可能になります。

購入限度額が決められている

クレジットカード決済で仮想通貨を購入する場合、購入限度額があります。

日本円換算

最低価格 2,500円
最高価格 125万円

Bybitアカウント作成はコチラ

お得な仮想通貨入金を利用するためにCoincheckで国内口座を開設しておこう

Coincheck

これまでの説明の通り、バイビット(Bybit)でお得に取引を行う場合、仮想通貨入金がお得です。
そしてさらにお得に入金するならCoincheckのリップル(XRP)送金だと送金手数料が安いので仮想通貨送金の手数料を抑えられます。

Coincheckは、仮想通貨入金は手数料が無料でお得ですが、その他にもキャンペーンを開催しています。

Coincheck口座開設(無料)はコチラ

Coincheckを利用するメリットとデメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
取引量の多いメジャー通貨「BTC・ETH・XRP」を取り扱っている
仮想通貨の購入から送金までの手順がシンプル
スマホアプリの使い安に定評があり、バイビット(Bybit)のスマホアプリと相性が良い
購入や送金にかかる手数料が他の取引所と比べて安くない

Coincheckはスマホアプリのダウンロード数が3年連続国内1位であることからわかるように取引所の利用経験が少ない初心者にも使いやすいアプリになっています。バイビット(Bybit)のスマホアプリも同様に定評があるので、お互いスマホアプリがあると連携がしやすくスムーズに取引を始めらます。

Coincheckの口座開設は下記のリンクから数分で口座開設できるので、開設しておきましょう。

Coincheck口座開設(無料)はコチラ

バイビット(Bybit)の仮想通貨入金方法

バイビット(Bybit)へ仮想通貨入金を行う際の手順を画像付きで解説します。
仮想通貨の入金方法はPCサイトとスマホアプリの2種類があります。それぞれ分けて手順を説明します。

PCサイトを使う方法

パソコンを使用して入金を行う手順は下記の4ステップです。

①バイビット(Bybit)公式サイトへログイン

バイビット(Bybit)

国内取引所からバイビット(Bybit)に送金できる仮想通貨は下記の5種類で、まだ購入していない方は事前に準備しておきましょう。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イオス(EOS)
リップル(XRP)
テザー(USDT)

②画面右上資産→現物アカウントから「入金」

バイビット(Bybit)

「入金」をクリックすると「ウォレットアドレス」と「ウォレットアドレスのQRコード」が表示されるので、アドレスをコピーします。

なお、イオス(EOS)とリップル(XRP)を入金する際は「タグ」の入力が必要となり、タグはほとんどの場合自動で入力されています。
タグが入力されていない場合は、下記の手順で入力しましょう。

アカウント情報が表示されるので、「UID」に表示されている文字をコピーします。
入金アドレス取得欄に戻り、コピーしたUIDをペーストしてタグの入力は完了です。

Bybitアカウント作成はコチラ

③次にCoincheckへログインし、「暗号資産の送金」をクリックします。

Coincheck

画面上部から送金する暗号資産を選び、下記の項目を入力します。

Coincheck

新規ラベル:バイビット(Bybit)
新規宛先:バイビット(Bybit)で取得したアドレス

最後に送金する金額を決めて「送金する」をクリックして終了です。

これでバイビット(Bybit)への送金は完了です。

Coincheck口座開設(無料)はコチラ

スマホアプリを使う方法

スマホアプリを使用して入金する手順は下記の通りです。

①:AppStore/Google Play Storeより公式アプリをダウンロー
②:右下の入金タブをタップし、入金アドレスを取得

1つずつ解説していきます。

①AppStore/Google Play Storeより公式アプリをダウンロード

まずはお使いの端末からバイビット(Bybit)の公式アプリをダウンロードしましょう。

②入金タブをタップし、入金アドレスを取得

バイビット(Bybit)のスマホアプリをダウンロードし終えたら、アプリを開いてログインをしましょう。
そして、画面右下にある「資産」をタップします。

バイビット(Bybit)

入金する仮想通貨を選択する画面になるため、入金したい仮想通貨を選択します。

バイビット(Bybit)

すると、パソコンと同様に「ウォレットアドレス」と「ウォレットアドレスのQRコード」が表示されるので、コピーします。

あとはパソコンと同じくCoincheckへログインをして送金手順を踏むだけです。
くれぐれも「チェーンタイプ」は変更しないように注意しましょう

【2022年4月】バイビット(Bybit)のお得な入金ボーナス!超おトク!はじめての入金応援祭について

バイビット(Bybit)

バイビット(Bybit)は定期的にキャンペーンを開催しており、入金するだけでボーナスがもらえるキャンペーンなどもあります。
しかもボーナスで受け取った金額は証拠金でも使用ができるので、証拠金をつかってトレードに慣れることができます。
もちろんボーナスで受け取った金額を運用し、利益が出た場合は出金も可能です。しかし受け取ったボーナスをそのまま出金するのは不可能です。

初回入金を行うと入金額に応じて最大3,000ドル相当USDTプレゼント

期間2022年4月14日(木)~2022年5月31日(火)19:00

入金をすると最大3,000のテザー(USDT)がもらえるキャンペーンです。
入金額ともらえるテザー(USDT)の割合は下記に記しています。

入金額(ドル相当) 特典額(USDT)
500 15
1,500 45
3,000 90
6,000 180
20,000 600
100,000 3,000

また初回入金でドルを受け取る条件として下記の初回入金が必要となります。

BTC 0.1BTC以上
ETH 2ETH以上
EOS 880EOS以上
USDT 3,000USDT以上
XRP 5,200XRP以上

口座開設後、48時間以内に初回入金の場合50ドル
口座開設後、48時間後に初回入金の場合10ドルがもらえます。

Bybitアカウント作成はコチラ

まとめ

これまで仮想通貨は不安定な相場が続き、投機目的と言われてきました。しかし最近話題のFAMEトークンのように、仮想通貨でしか取引が成立しない販売方法が話題を集めています。
現金やクレジット決済、アプリ決済などに続き、今後は仮想通貨決済などに大きくシフトチェンジしていくのではないでしょうか。

仮想通貨決済の魅力として、手数料の安さや送金スピードがあります。
次世代の決済に取り残されないためにも仮想通貨を所持していることをお勧めいたします。

ご覧いただき、ありがとうございました。
今回の記事に関する意見や、こういった内容に関する記事を読みたい!といった方はぜひコメントでシェアしていただくとありがたいです。

それでは、また次回お楽しみに!

 

 

-仮想通貨リサーチ
-, ,